誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

ワールドカップの出場枠が拡大決定!2026年大会から48カ国に

ノンカテゴリ

ワールドカップの出場枠が拡大決定!2026年大会から48カ国に
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

サッカーのワールドカップ(W杯)が2026年から出場枠を拡大することを決定したことをFIFAが10日に発表したようです。

これまでのW杯は各大陸の予選を勝ち抜いた32カ国の代表チームによって優勝が争われるものでした。ですが、ジャンニ・インファンティーノ会長は以前より出場枠の拡大を主張しており、40カ国による大会開催を会長選の際に公約していたとのことです。

今回FIFAは協議の結果、26年大会から出場枠をインファンティーノ会長が主張していた40カ国を超える48チームに増やすことを決定したそうです。
グループステージは3チーム×16グループで行われることとなるようです。

尚、FIFAは出場枠を拡大した後のW杯の詳細に関して、今後の会議で詰めて行くとしているそうです。

ネットの反応は・・・

lou***** | 2017/01/10 19:15
増えた事はいいと思うが
アジアのレベルで8.5枠は多くないか。
最高でも6枠でいいと思う。

uro***** | 2017/01/10 19:30
W杯に相応しくない試合が増える。

tet***** | 2017/01/10 19:28
3分の2が決勝トーナメントって…しかもアジア8.5もいらない…

son***** | 2017/01/10 19:41
えーなんか凄いガッカリ感が・・
グループリーグが2試合だけって、何か別の大会としか思えない。

MINTIA本田 | 2017/01/10 19:51
W杯というブランドの質が落ちかねない。
アジアの枠は8.5も要らない。
W杯予選も今迄のような緊張感ある試合が観られなくなるのはサッカーファンの1人として納得がいかない。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

W杯参加48カ国拡大の新提案に対し、カフーとR・カルロスがW杯のレベル低下を懸念

現在、国際サッカー連盟(FIFA)の会長を務めるジャンニ・インファンティーノ氏は2026年のワールドカップから本大会の参加枠を48カ国へと増やす意向を示し、現地時間9日にスイスのチューリッヒで行われたFIFA評議会でこの新方式を提案した。これを受けて、かつての名プレーヤーがW杯参加枠拡大に言及している。

FIFAの式典に参加するためにスイスのチューリッヒに入っていた、元ブラジル代表のカフーはメディアの前で次のように述べている。

「W杯という素晴らしい大会に、多くの国が参加できるチャンスが与えられることは歓迎する」

その一方で、「出場国が増えることでワンサイドゲームが増えたり、一方的な展開が目立つ事態になったら、それはサッカー界の発展にならないだろう」と続け、W杯の参加国拡大に独自の見解を示している。

また、同じく元ブラジル代表のロベルト・カルロスもメディアの前で「W杯に参加できる国が増えることはいいことだと思う。ただし、W杯は最高峰の大会としてレベルの高いサッカーが展開されるべきであり、それが保たれるかは疑問だ」と発言。

カフーもR・カルロスも、W杯の本大会出場国が48カ国に拡大することには歓迎の意向を示したが、ともに“大会のレベルが下がる可能性ある”という点に警鐘を鳴らしている。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

W杯の価値は保てるのか?収入増へ歴史的決断―FIFA理事会

サッカーW杯の出場枠拡大は、24から32に増えた1998年フランス大会以来で、しかも今回は一気に16増となった。FIFAのインファンティノ会長は、競技のさらなる普及や放送権料の増加などのメリットを強調し、欧州を中心とした反対の声を封じた。ただ、一気に16チームが増えることにより、開催国の負担は増し、大会の価値が保てるかという懸念はそう簡単にはぬぐえない。

 現在のFIFA加盟協会は211カ国・地域で、過去20大会のうちW杯出場経験があるのは77チームだけ。出場枠の増加は、これまで涙をのんできた多くのチームが夢舞台の切符をつかむチャンスを広げることになる。

 ただ、世界的に競技レベルが上がっているとはいえ、1次リーグでは実力に大きな差があるチーム同士が対戦する機会は増える。一方的な試合が多くなれば、試合の質を保つことはこれまで以上に難しくなる。大会全体の試合数も増えれば、スタジアムの整備に伴う開催国の負担も増える。

 欧米メディアが明らかにしたFIFAの内部資料によると、48チームによるW杯の収入は、18年ロシア大会で見込まれる55億ドル(約6370億円)から2割増え、収益は6億4000万ドル(約741億円)と試算される。15年の決算で14年ぶりの赤字に転落したFIFA。自らの商品価値を下げる危険を認識しながらも、歴史的な決断を下した。 

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

リーガはW杯48ヶ国拡大に不満、FIFAを提訴へ。欧州各国も同調か

 スペイン紙『マルカ』は、W杯の拡大に不満を抱えるスペインプロリーグ機構(LFP)が国際サッカー連盟(FIFA)を提訴すると報じた。

ジャンニ・インファンティーノFIFA会長が就任当初から掲げていた公約の一つであるW杯の規模拡大には、欧州各国のリーグやクラブが反対の意思を表明していた。特にスペインではLFPのハビエル・テバス会長がインファンティーノ氏を名指しで非難するなど強硬な姿勢を崩していない。

 そこでLFPは、FIFAの決定を不当としてベルギーの首都ブリュッセルとスイス・ニヨンの管轄法廷に異議申し立てを行うという。インファンティーノFIFA会長は、すでにこの意思を9日に行われたFIFAザ・ベスト賞の表彰式でテバス会長の使者を通じて把握している。

 スペインの動きに欧州各国も同調すると予想されている。出場するのが48ヶ国に増えて大会全体の試合数が80試合になっても、FIFAは現在と変わらない32日間でW杯を開催しようとしているため、選手たちにかかる負担も重くなる。

 それらのデメリットは選手を送り出すクラブ側として当然受け入れられるものではないため、欧州各国リーグはFIFAに徹底抗戦する構えだ。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

ワールドカップ史上最も興奮した試合は!?

出場枠が大幅に増えることで、予選を通過する国が増えることとなりますが、大会のレベル低下を懸念する声も聞こえますね。

今後の動向も気になりますが、日本代表は2018年ロシアワールドカップ出場に向けて頑張って欲しいです。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ